湘南Luv 2024
湘南Luv 2024

湘南POWPOW ONLINE

SHONAN CULTURE WEBMAGAZINE

9月9日リリース!HIBIKILLA の新曲「LUNA」湘南出身のトラックメーカーMr.Japlynがafrobeats制作で参加‼︎

配信リンク

https://linkco.re/b2VSS51Y


前作”Risin to the top feat. Laya”とそのRemixの3か月連続リリースがSpotify公式プレイリスト「JUICE」と「Soul Music Japan」にセレクトされるなど、レゲエの枠を超えた新境地を切り開いたHibikilla。彼が間髪を入れずリリースする新曲”LUNA”は、彼のアクティブな活動ペースとは裏腹に静謐な雰囲気漂う「月」をテーマにしたGyal Tuneだ。
湘南出身のトラックメイカー/プロデューサーMr.Japlyn制作のRiddimトラックは、現在Burna Boy、Wizkidらナイジェリアン・アーティストたちが旗手となり世界を席巻するダンスミュージックAfrobeatsのリズムを採用。軽快にシンコペーションするAfrobeats特有のリズムにいわゆる「丸の内進行」と呼ばれる近年のJ-POPで多用される哀愁コードを乗せている点は、2022年の東京でしか産まれ得ない”LUNA”の音楽的な独自性と言える。
Hibikillaはその”LUNA”Riddimの上で得意のシャウトではなく、時に囁くようなハスキーボイスからファルセットまでを響かせる。その歌声はポストコロナ時代の状況変化を反映するかのような意外性があり、リスナーの心象風景に月明かりのような柔らかな影を落とす。
本作はHibikilla自身が運営するMusic NFTレーベルWAGMI Musicから、漫画家・堂園峻平氏による4種類のアートワークを持つNFTシングルとしてもリリースされているが、そうした新しい技術を貪欲に取り入れる姿勢も彼が4年のブランクの間に会得した柔軟性がある故のものだろう。
その歌詞世界とは裏腹に、上弦の月が輝きを取り戻していくかのような希望に満ちたニュー・クラシックがここに誕生した。



配信開始日 2022年9月9日(金)
Genre: Reggae (Dancehall) / Afrobeats
Label: I-Note Records
Artist: Hibikilla
Riddim: Mr. Japlyn
Lyrics: Hibikilla
Recording Engineer: Akio (SRAD)
Mixing Engineer: Mr. Japlyn
Mastering Engineer: Hiroshi Shiota (Saltfield Mastering)

【Hibikilla Profile】
Hibikillaは北海道出身のreggae/dancehallアーティスト。
2004年にリリースした7インチ・シングル「百烈拳」でレゲエ・シングル・チャート1位を獲得。
2006年から2009年にかけて「No Problem」、「農厚民族」、「LIFE」、「BE FREE」の4枚のアルバムをコンスタントにリリース。
2011年には5thアルバム「FREEDOM_BLUES」をリリースし、「ミュージック・マガジン」誌のベスト・レゲエ・アルバムを受賞した。
2020年「この世界 feat. Dabo」でiTunes Storeレゲエチャートで1位を獲得、また「Wha Gwaan Midnight feat. Tach-B and Zukie」でAudiusレゲエ部門で年間1位を獲得。
2021年「This World Riddim」でiTunes Storeレゲエ・アルバム・チャート1位を獲得。
2022年music NFTのリリースを開始し、「WAGMI」がFracton Incubation 2022 powered by bitbank テーマソングに選出。

[Link]
http://linktr.ee/hibikilla

【お問い合わせ】
I-Note Records
inoterecords@gmail.com